15_2_2.jpg

企画展「現点」は造形・メディアデザインコースの「立体表現演習ⅡB」という授業の通し課題として行われた展覧会(2021年3月3日〜8日)です。「作品を作り、それらを展示するための展覧会を企画し、大学外に発表する」という授業内容に興味を持った創造工学部 造形・メディアデザインコースの3年生10人が、各々の作品制作と企画展の運営を行いました。―これまでとこれからの間で― をテーマとし、「これまでのことをどのようにこれからに繋いでいくのか」について、10人それぞれが香川大学でデザインやアートを学ぶ意味を考えながら、作品に落とし込む形で制作活動を行いました。

企画展を開催するために、代表や副代表、会計などの役職を全員に割り振り、会場の手配や広報活動、当日の運営まで学生で行いました。1期生であるため前例もなく、一から自分たちで考え、作り上げていきました。 私は広報を担当し、SNSの運営やポスター作成など今回の企画展の開催を、より多くの人に知って、訪れてもらうために活動しました。特にポスターの作成ではどのような形にしたらメンバーが思っている「現点」のイメージを見た人に伝えることができるか、どのようにしたらポスターを見た人が「現点」に興味を持って訪れてくれるかを考えながら広報を担当した他のメンバーと作成しました。他のメンバーからのアイデアや考え方を聞くことで新しい発見が多くありました。また、お互いが遠慮することなく意見を言い合えたことで最後まで妥協することなく、面白いポスターを作ることができたと思います。

今回「現点」を行うにあたり「史跡高松城跡玉藻公園 披雲閣」を開催場所として使わせていただきました。披雲閣は玉藻公園内にある建物で、重要文化財であるため普段は一般公開をしていない建物です。今回、メイン会場として披雲閣の中で最も広い大書院という部屋を借りました。その中でどのような順路で作品を見てもらうのが良いか、一つの作品に人が集まりすぎないようにするにはどのような導線をつくると良いかなど、作品の配置について工夫しました。

「現点」は造形・メディアデザインコース以外の人に見てもらうという点が今までの授業と特に違ったところだと思っています。作品を作るだけでなく、それをどのような方法で発信するか、どのような表現で伝えると良いかを考えさせられた授業でした。また、実際に展示を行い、人に見てもらうことで気づけることや学びがありました。

企画展「現点」を一つの経験として、自分の作品を人に伝えること、表現することについてさらに考えていきたいと思います。         

創造工学部 3年 土手菜摘

katsuyaku2021_04_3.jpg

katsuyaku202104_2.jpg