gakusyou200_2.jpg
香川大学長
  筧 善行
President  Kakehi Yoshiyuki 

kakehi_gaiyou2020_2.jpg

香川大学は6学部7研究科において約5,600名の学部学生と約700名の大学院生を教育しています。1949年に高松経済専門学校と香川師範学校、香川青年師範学校を母体に経済学部と教育学部の2学部からなる香川大学が誕生し、1955年に農学部、1981年に法学部、1997年に工学部が設置されました。その後、2003年に香川医科大学と統合し、新香川大学が誕生しました。2018年度にはいくつかの大学改革を行いました。まず、工学部を母体に創造工学部が開設され、これからのモノづくりに必須であるユーザー側の視点に立った工学系人材の育成を開始しています。長い歴史と伝統のある経済学部は、観光を起点にした地域振興やグローバル化時代に対応できる課題解決能力の高い人材育成を目標に1学科5コース制で再スタートしております。また、国立大学医学部では初となる臨床心理学科を設置し、従来の臨床心理学に加え医学的素養を持ち、社会のあらゆる現場でニーズの高まる心理的援助者の養成を開始しました。2020年度からは、大学院医学系研究科に臨床心理学専攻(修士)を開設し、国家資格である公認心理師を目指した人材育成を行っております。

本学では全学部学生に共通の教育の柱として、独自の三位一体型教育(DRI教育)を開始しています。これは、創造工学部で開始しましたデザイン思考教育(D教育)とリスクマネジメント教育(R教育)に加え、AI時代に対応した数理情報基礎力(インフォマティクス)教育(I教育)から構成されます。想定外の問題が地球規模で次々と発生する現代において、地球市民として様々な人々と共創して課題解決にあたることのできる基盤的能力の涵養を目指します。「多様性の確保」も教育効果を高めるために必須の要素であります。そのため、首都圏の3大学(芝浦工業大学、津田塾大学、東京農業大学)との学生対流事業を2018年度から始めております。また、6年目を迎えたグローバルカフェでは、海外の様々な国からの留学生と本学学生たちとの日常的な交流の場を提供しております。一方、フィールドワークや課題解決型インターンシップなどを通じて、学外の企業や行政に働く社会人との協働・共創の機会も増やしております。

企業様や地域の自治体から寄せられる課題の中には本学の研究シーズや教員の研究力が大いに生かされるものが数多くあります。意見交換のパイプを太くし、産官学連携を一層推進するため2018年10月にはオープンイノベーションのプラットフォームとしてイノベーションデザイン研究所を開設しました。学部・研究科の区分を超えて分野横断的研究チームを形成し、産官と連携して課題解決と新たな価値創造に向けた活動を展開しております。香川大学の学章は、「研究を地球規模でグローバルに展開する」という本学の強い決意を示しています。地方においてこそ実感できる様々な課題に正面から向き合い、学問領域の壁を乗り越えた「つながり、結合」により新しい価値を創造し、我が国が近未来に成し遂げねばならない「持続可能な地方分散社会」の実現に貢献いたします。

令和2年7月

▶English


このページの先頭へ