DRI教育

「DRI教育」とは、新たな価値創造のための学士課程教育です。DRIとは、次の3つの言葉の頭文字です。

  • Design thinking:イノベーションを創出する「デザイン思考」
  • Risk management:レジリエンスやサイバーセキュリティに資する「リスクマネジメント」
  • Informatics:専門分野を超えた「インフォマティクス」

本学は、地域社会の課題解決に資する教育・研究等の実績をもとに、地域活性化の中核的拠点としての機能強化に取り組むことをビジョンとして掲げています。地域社会において新たな価値を創造できる人材が求められており、DRIに係る教育が各大学に期待されています。香川県においても、人口減少が進行する中、地域活力を維持・向上させるイノベーションが必要とされており、上記3 つの能力を統合した「DRI 能力」の育成が求められています。これを、本学ではDRI 教育と呼んでいます。

DRI教育を全学展開するために、大学教育基盤センター内に創造教育推進部門を新たに立ち上げるとともに、DRI 教育の育成を基軸として、具体的には以下の三点の取り組みを通して、学士課程教育の充実を図ります。

  1. (1)DRI 能力を育成するための基盤的教育
  2. (2)より高度な要望に応えるためのネクストプログラム(特別教育プログラム)
  3. (3)DRI 能力を育成するためのFD プログラム

まず(1)については、全学共通科目において新たにDRI 能力育成科目を開設します。また、従来の主題科目B「課題発見・課題解決型授業」を更に実質化することにより、全学的なDRI 能力の育成に努めます。(2)については、学習意欲の高い学生をターゲットとして「DRI イノベーター養成プログラム(仮)」を開設し、多様性理解力やチームで考える力を養います。(1)と(2)の授業を行うためには、DRI 教育を行うことができる教員を養成することに加え、全学の教職員からDRI 教育に対する理解と協力を得なければなりません。そこで(3)として、DRI 教育やアクティブ・ラーニングに関するFD を全学および各学部単位で適宜開催し、教員・職員・学生が一丸となってDRI 能力の育成に取り組む環境を整備したいと考えています。

創造教育推進部門についてはこちら[PDF:768KB]
ネクストプログラムの詳細についてはこちら