■第209号もくじ
 ◇香川大学イベントカレンダー
 ◇学長閑話
 ◇あつあつ釜あげニュース
 ◇カダイ・ラボ・・・社会連携・知的財産センター
 ◇学生VOICE
   「Radio18 ~Art Time Junction~」について
 ◇大学フォト

 
□・・・・香川大学イベントカレンダー・・・・・・・・・・・・・・・・・


▽香川大学イベントカレンダー(6月)
 http://www.kagawa-u.ac.jp/event_calendar/index201606.html
▽香川大学イベントカレンダー(7月)
 http://www.kagawa-u.ac.jp/event_calendar/index201607.html


◆◇◆◇◆◇⇒《学長閑話》


奇妙な静けさ                     ・・・・・ 香川大学長 長尾 省吾


 過日、ある食堂で若者が10人程で食事をしている場面に出くわした。若い
声が弾んでほほえましく、私にもこのような頃もあったなと、昔を思い出した。
急に静かになりもうお帰りかなと振り返ったところ、皆さんまだ席にいて、全
員うつ向いてスマートフォンに夢中であった。それは周囲の喧騒とかけ離れた
妙に静かな空間であり、そのような時代を経験していない私は、何か違和感を
抱いた。学生の頃、友人と会うと様々な話題で話しが弾み、周囲からうるさい
と目顔で諭されたものだが、あー世の中はかわったと変に納得もした。

 前回の「学長閑話」では、人生に幸福をもたらす秘訣は、良い人間関係を作る
に尽きるとのレポートを紹介した。家族・友達・コミュニティと良く繋がって
いる人ほど、人生の幸福度が高いという。

 相手の表情や態度、雰囲気、心情が伝わらないスマホの中だけの関係は、
バーチャルな世界に閉ざされたものであり、あたたかい人間関係は作れないの
ではないだろうか?

 若者よ、時にはスマホを置いて、face to faceで語り合おう。



・・・・・あつあつ釜あげニュース・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ★香川大学Facebook開始!
   https://www.facebook.com/kagawauniv/
  皆様のいいね!チェックインをお待ちしております♪


 ▼大学紹介MOVIE公開中♪
   https://www.youtube.com/channel/UCxWaCixZYMENmMJKlIGRHiw/featured
▼第1回熊本地震報告会を開催
 http://www.kagawa-u.ac.jp/topics/education/kumamoto_1/
 ▼教育学部有馬道久教授が香川県知事表彰
   http://www.kagawa-u.ac.jp/topics/education/17497/
 ▼一般社団法人香川経済同友会の連携協力に関する協定締結式を開催
   http://www.kagawa-u.ac.jp/topics/area/tiiki/
 ▼国際希少糖研究教育機構 設立記念公開シンポジウムを開催
   http://www.kagawa-u.ac.jp/topics/education/kikou/
 ▼農学部 「留学生と日本人学生との集い2016」を実施
   http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/?p=16737 
 ▼農学部 農学部附属農場管理棟改修リニューアル
   http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/?p=16711


 ▽今月の大学訪問
  http://www.kagawa-u.ac.jp/admission/briefing/visit/


◆◇◆◇◆◇⇒《カダイ・ラボ》


                              ・・・・・社会連携・知的財産センター 永冨太一



 社会連携・知的財産センターは香川大学が有する知的資産(人材、技術、知
的財産、組織力など)と地域社会からのニーズとを融合させ、新たな価値を創
造する橋渡し機関です。

 近年では社会ニーズや課題に対応するために産業界や国及び自治体とタッグ
を組んで研究プロジェクトを行ういわゆる産学官連携が活発化していますが、
当センターでも香川大学が参画する産学官連携での研究開発、商品開発に積極
的な支援を行っています。

 当センターでは学内外からのあらゆる要請に応えるため、大手企業出身者か
ら弁理士、博士号取得者といった専門家が産学官連携・知的財産コーディネー
ターとして多数在籍しており、分野を問わずに対応することを可能としていま
す。

 コーディネート活動を通じた企業、自治体及び他大学とのネットワークや香
川大学内の独立した組織として全ての学部、機関の研究者や事務職員との強力
な連携関係を築き、多くの情報や人が集まりやすい環境を整えています。

 さらに、相談者が迷わないように担当窓口を一本化し、センターホームペー
ジ、電話、メール、ファックス等でいつでもご相談頂ける体制を整え、学内に
も学外にも開かれた香川大学となることに努めています。

 現在では四国の国立大学においては広域的な産学官連携、知的財産の活用を
目的とした「四国産学官連携イノベーション共同推進機構」が平成25年10月
に発足したことにより、これまで以上に積極的な知の活用がなされる基盤が整
っており、本活動を通じて香川大学の技術が海外を視野に入れた開発段階に移
る等の成果も出始めています。

 このように最近では海外との連携も活発化し、国際的な研究プロジェクトや
事業の海外展開が加速する一方で、海外企業との間における秘密保持やライセ
ンスの契約でのタフな交渉にも耐えうる組織対応力が本学でも求められるよう
になってきています。

 私たちは学内外からの技術的な課題から研究成果の取り扱いに至るあらゆる
ご相談にワンストップで対応しており、香川大学の総合窓口として機能してい
ます。

 日々の研究活動での相談事(例えば発明のアイデアや商品化、企業や海外と
の連携等)、どのような内容でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

▼社会連携・知的財産センター
http://www.kagawa-u.ac.jp/ccip/index.html

▼四国産学官連携イノベーション共同推進機構(SICO)
http://sico.jp/



◆◇◆◇◆◇⇒《学生VOICE》
----------------------------------------------------------------------
今月は「Radio18 ~Art Time Junction~」について蓮井さんと須原さんに活動
内容、体験記などを書いていただきました!
----------------------------------------------------------------------


                      ・・・・・工学部 3年 蓮井宏輔


 私たちは、「Art Time Junction」という香川大学生が制作するラジオ番組
で活動しています。番組は2013年から続いており、瀬戸内国際芸術祭2013や香
川のニュース、ぼくらの未来についてなどを香大生からの視点でお伝えするこ
とをテーマとし、ラジオ番組制作を行ってきました。

 この活動を通して音声のみで伝えることの難しさを感じました。聞き手の方
に、言葉だけで情報を伝え、イメージしてもらうのはとても大変です。言葉の
表現力を身につけるために何度も特訓を行いました。これは将来に役立つ「力」
となったと思います。

 「Art Time Junction」は毎月第1・3水曜日の22:00~22:30 FM815で放送で
す。今年度も大学生の今だから伝えたい話題を楽しく発信していきます。新入
生のみなさん。大きな期待とともに様々な不安も感じると思いますが、自分に
自信を持って前向きに頑張っていきましょう。是非、大学生活の中で熱中でき
ることを探し、将来に生かせることを見つけてください。



                        ・・・・・経済学部 3年 須原沙紀


 平成25年度より始まった香川大学生が制作するラジオ番組「Art Time
Junction」は4年目を迎えました!「香川を伝える」というコンセプトのもと、
おもしろいこと・やってみたいこと、そして香川県内で起こっている出来事を
学生目線でFM815にてお伝えしております!

 私は話すことや人と関わることが好きです。ラジオは声だけで電波を通して
リスナーの耳に届きます。制作に関わった当初は自分の見たこと、感じたこと
を声だけで伝えるのはとても難しく、時には自分の未熟さに悔しさを感じたり
しました。しかし、回を重ねるごとに表現・言葉の引き出しが増え、今では番
組で喋ることがとても楽しいです。長いようで短い大学生活を有意義に過ごさ
ないともったいない!本当にやりたいことを見つけたいあなたを応援します。



■□━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■
◆◇◆◇◆◇⇒《大学フォト》
今月は国際希少糖研究教育機構 設立記念公開シンポジウム、Welcome English
Lunch Conversation!の様子などをお届けします。
                        
   http://www.kagawa-u.ac.jp/faculty/centers/pro/20144/201605/ 
■□━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■

このページの先頭へ