4月21日(木)、国立大学法人香川大学と一般社団法人香川経済同友会との間で連携協力に関する協定を締結しました。協定では、包括的な連携・協力のもと、双方が有する人的・物的資源を有効活用し、地域経済の活性化と人材育成に寄与することを目的としています。

協定式は、香川大学において行われ、香川大学長尾学長、香川経済同友会十川代表幹事、下村代表幹事との間で、協定書が取り交わされました。共に連携協力し、地域の課題となっている人口減少問題に対して、香川県内の企業や行政などの団体と一体となり、双方が有する人的・物的資源を有効活用した、地域経済の活性化と人材育成に寄与することを目指します。

このページの先頭へ