教育学部・教育学研究科

最新情報はこちらへ

学部ホームページへ

学部紹介

学部の特徴

学部・大学院・教育学部・教育学研究科・メインイメージ 香川大学教育学部は、「発達支援」の考え方を中核に捉えた実践的なカリキュラムと指導体制を整備し、実践的指導力と専門性と有する学校教員を養成します。

 教育学部のカリキュラムには、実践的に学ぶことと追求的に学ぶことを重視しているという特色があります。学校教育教員養成課程のどのコースにおいても、4カ年を見通した実地教育のコア・カリキュラムが組まれています。入学時から学校の内外での体験・実習活動とその省察を行いながら、教職についての理解を深め、実践的指導力を育成します。と同時に、各自の専門・テーマに関して追求的な学びを深め、卒業研究へとつながるようになっています。

 さらにもう一つ、学生生活の充実と人間的な成長をもたらしているものを挙げれば、コースや領域を単位とする学生研究室の活動があります。豊かな学生文化がここで先輩から後輩へと引き継がれています。「未来からの留学生」や「かがわけん科学体験フェスティバル」「わくわくコンサート」などの地域開放行事は、学生研究室の仲間が協力して準備や練習に取り組むことで、毎年開催できています。

 香川大学教育学部には、いくつかの附属施設があります。高松市と坂出市の2地区にある附属学校園が6校。そして坂出市内にある特別支援教室「すばる」、さらに教職支援開発センターです。教職支援開発センターは、優れた教師になりたい学生を多方面から支援します。

このページの先頭へ