◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学院入学までに以下のような学力・能力・資質等を備えていることを求めています。

①知識・技能・理解力
*異なる分野の知識を組み合わせて行う研究の基盤である専門分野に関する大学卒業程度の基礎的知識・技能・理解力

②思考力・判断力・表現力
*社会構造の変化などによって引き起こされる複雑で複合的な課題の探究やその解決方法について,多角的な観点から論理的に思考・判断できる力,また,それらを説明できる表現力

③研究能力・応用力
*異なる分野の知識を組み合わせた専門的な研究を深化させるための研究能力・応用力

④探求心・意欲・態度
*関連する諸分野や異分野の知識を専門分野の知識に組み合わせながら相互作用させるための方法について学び,専門的かつ多角的な研究を志向する意欲・態度と創造的な探求心

⑤倫理観・社会的責任
*社会構造の変化などによって引き起こされる複雑で複合的な課題を見出し,それらの解決を志向する責任感,人間尊重の態度と他者と共感できるコミュニケーション力,他の分野との協働を志向する姿勢及び倫理的態度

⑥グローバルマインド
*主とする専門分野に加え,関連する諸分野に関する国内外の情報を理解する基本的言語能力と,国際的な視野・多文化理解の視点から,地域や社会における諸課題の発見と解決方法を考えることができる発想力


◇選抜方法の趣旨
○推薦選抜
 入学者の選抜は,専門分野別試験(口述試験・面接),外国語能力及び出願時に提出を求める小論文や研究計画書等の書類審査を総合して行います。
 専門分野別試験では,「専門分野別試験の区分」(*)ごとに,提出書類(志望理由・研究計画書等)を参考にしながら,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力,研究に対する意欲・態度・探求心,自分の考えを論理的に構築し伝達する思考力・判断力・表現力,研究を遂行するために必要な能力,社会的責任を理解できる能力や国際的な視野,多文化理解を評価する口述試験・面接を行います。あわせて,小論文により,多角的な観点から論理的に思考・判断できる力や,それらを説明できる表現力について評価します。また,外国語能力として,提出された語学能力テストのスコア等により,基本的言語能力について評価します。

○一般選抜
 総合試験,専門分野別試験(筆記試験および口述試験・面接),外国語能力及び研究計画書等の書類審査を行います。
 総合試験では,多角的な観点から論理的に思考・判断できる力や,それらを説明できる表現力を論述形式で問います。専門分野別試験では,「専門分野別試験の区分」(*)ごとに,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力を評価する筆記試験を行います。また,提出書類(志望理由・研究計画書等)を参考にしながら,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力,研究に対する意欲・態度・探求心,自分の考えを論理的に構築し伝達する思考力・判断力・表現力,研究を遂行するために必要な能力,社会的責任を理解できる能力や国際的な視野,多文化理解を評価する口述試験・面接を行います。また,外国語能力として,提出された語学能力テストのスコア等により,基本的言語能力について評価します。

○社会人選抜
 入学者の選抜は,総合試験,専門分野別試験(筆記試験および口述試験・面接),及び研究計画書等の書類審査を総合して行います(ただし,第IV区分では筆記試験は課しません)。
 総合試験では,多角的な観点から論理的に思考・判断できる力や,それらを説明できる表現力を論述形式で問います。専門分野別試験では,「専門分野別試験の区分」(*)ごとに,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力を評価する筆記試験を行います(第Ⅰ~Ⅲ区分)。また,提出書類(志望理由・研究計画書等)を参考にしながら,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力,研究に対する意欲・態度・探求心,自分の考えを論理的に構築し伝達する思考力・判断力・表現力,研究を遂行するために必要な能力,社会的責任を理解できる能力や国際的な視野,多文化理解を評価する口述試験・面接を行います。

○外国人留学生特別選抜
 入学者の選抜は,専門分野別試験(筆記試験及び口述試験・面接),及び出願時に提出を求める小論文や研究計画書等の書類審査を総合して行います(ただし,第IV区分では筆記試験は課しません)。
 専門分野別試験では,「専門分野別試験の区分」(*)ごとに,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力を評価する筆記試験を行います(第Ⅰ~Ⅲ区分)。また,提出書類(志望理由・研究計画書等)を参考にしながら,各専門分野に関する基礎的知識・技能・理解力,研究に対する意欲・態度・探求心,自分の考えを論理的に構築し伝達する思考力・判断力・表現力,研究を遂行するために必要な能力,社会的責任を理解できる能力や国際的な視野,多文化理解を評価する口述試験・面接を行います。あわせて,出願時に提出された小論文により,多角的な観点から論理的に思考・判断できる力や,それらを説明できる表現力について評価します。

 

*「専門分野別試験の区分」について

第Ⅰ区分(おもに教育・人文分野)
第Ⅱ区分(おもに法学分野)
第Ⅲ区分(おもに経済学分野)
第Ⅳ区分(おもに工学・芸術分野)
・Ⅳ-1:エクスペリエンスデザイン&アート・数理データサイエンス
・Ⅳ-2:建築・都市環境
・Ⅳ-3:防災・危機管理
・Ⅳ-4:情報システム・セキュリティ
・Ⅳ-5:情報通信
・Ⅳ-6:機械システム
・Ⅳ-7:材料物質科学



このページの管理者:教育・学生支援部入試グループ