5月16日(水)、香川大学幸町キャンパスにおいて、第1回『キャンパス花いっぱい運動』の花苗の植え付けを、サークル・同好会を中心にゼミ、教職員、地域の方々など16チームが参加して行いました。

長尾学長のあいさつに引き続き、各チームが創意工夫を懲らし様々なデザインの花壇を作りました。学長も自ら花苗の植え付けを行い、カラフルな16の花壇でキャンパスが華やかになりました。各チームは今後も水やりや草取りなどの花壇の手入れを行う予定です。

花壇の手入れ状況や美しさで審査を行い、7月下旬に優秀なチームの表彰を予定しています。

香川大学幸町キャンパスにお立ち寄りの際には是非アメニティ広場の花壇をご覧になり和んでみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ