令和3年11月8日(月)[13:00~16:45]、サンポートホール高松 4階 第1小ホールにおいて、「2021年度 香川大学危機管理シンポジウム 防災ひとづくり×まちづくり~持続可能な社会を目指して」を開催しました。(主催:四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構、共催:(一社)国立大学協会、(公社)土木学会四国支部香川地区、土木学会安全問題研究委員会、大学コンソーシアム香川)

当シンポジウムでは、新型コロナウィルス感染症対策として、入場前の検温と手指消毒の実施、会場の3密回避やアクリルパネルの設置等の措置を講じました。また、会場では参加人数を会場の収容人数の3分の1以下まで制限した上で全席指定にし、YouTubeによるオンライン同時配信も行いました。

(1)内容:
①主催者挨拶 筧 善行 (香川大学長)

②来賓挨拶 兵頭 英人 氏 (国土交通省 四国地方整備局 統括防災官)
   寺嶋 賢治 氏 (香川県 危機管理総局長)
   為定 典生 氏 (高松市 総務局次長)

③機構の活動状況報告
金田 義行 (危機管理先端教育研究センター長 特任教授)

④基調講演 演題:防災に『も』強いまちづくり ~高知県黒潮町での10年の取組みから~
   講師:矢守 克也 氏 (京都大学 防災研究所 巨大災害研究センター 教授)

⑤パネルディスカッション

テーマ:未来へつなぐ「防災ひとづくり×まちづくり」

コ-ディネーター:長谷川修一 (危機管理先端教育研究センター長 特任教授)

パネリスト :影治 信良 氏 (徳島県海部郡 美波町長)

吉田 信博 氏 (国土交通省 四国地方整備局 建政部長)

原 忠 氏 (高知大学 防災推進センター 教授)

山本 浩司 氏 (愛媛大学 防災情報研究センター 特定教授)

金井 純子 氏 (徳島大学 環境防災研究センター 助教)

 

(2)参加人数:265名

(3)コロナ対策:会場の人数制限(会場募集定員:70名 [収容人数:312名])
        検温の実施、アルコール消毒液の設置、アクリル板設置、会場は全席指定

 

パネルディスカッションの際、会場にご参加いただきました方からのご質問に対する回答は、こちらをご覧ください。
https://www.kagawa-u.ac.jp/iecms/topics/27697/