5月9日(木)コロラド州立大学(アメリカ)早期教育センター所長のKaren Rattenborg(カレン・ラテンバーグ)助教が、本学の德田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

本学とコロラド州立大学は大学間協定を締結しており、早期教育センターには、これまでに多数の香川大学生を派遣し、センターの広報誌でもその交流について紹介されています。

今回Rattenborg助教は、教育学部高木由美子教授との共同研究及び香川大学生を対象にしたセミナー実施のため、約2週間香川大学へ滞在する予定です。また、今回の招へいは、日米間の研究機関の連携を深め長期的な教育交流の発展を促進するためのフルブライトスペシャリストプログラム(日米教育委員会)に採択され、実施するものです。

今回の訪問を機に今後のますますの交流の発展が期待されます。

 

このページの先頭へ