6月19日(金)に平成27年度第4回目のアドバンストセミナーを開催しました。 このセミナーは、本学学生に「最先端の研究の現場、リアルタイムな社会問題の現場を舞台として活躍する方々の取り組みをもっと間近で触れてほしい、その原動力となる熱意を感じとって欲しい。」との思いから開講された正課外の講座で、今回の講師に、藪添 隆一氏(京都光華女子大学教授)を迎え、57名の学生、教職員が参加しました。 セミナーでは、講師自身のエンカウンター(出会い)から経験した事例(聾学校幼稚部・盲学校中等部での教員生活や香川大学教育学部ゼミ生との交流等)の説明があり、聴講した学生からは、「1つ1つの出会いの大切さを学べた」、「出会いは人との出会いだけでなく、自身の本質や本音など目で見えないことも含まれることに驚かされた」、「自分が経験したことがない話が聞けた」等、アンケート結果も好評でした。

また、今後も下記の通り継続してセミナーを行います。当日参加も可能ですので、ぜひお越し下さい。

開催日時 講師 テーマ
7月3日(金)
18:00~19:30
平 篤志
(香川大学教育学部教授)
経済活動の国際化と地場産業
-四国の企業を事例として-
7月14日(火)
18:00~19:30
高水 徹
(香川大学インターナショナル
オフィス講師)
国際化する日本における
言語コミュニケーションと日本語

開催日時をクリックしますと詳細がご覧いただけます。



このページの先頭へ