5月14日(火)独立行政法人国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長、田中啓生理事長室長、小林広幸四国センター所長、波多野誠四国センター課長補佐が本学学長を表敬訪問しました。本学からは、筧学長、片岡理事・副学長、白木副学長、德田副学長、野田客員教授(JICA出向)が出席しました。

本学は、以前より、遠隔医療ネットワーク(周産期管理)、希少糖(生活習慣病対策)、防災等のテーマにおいて、既にJICAとの連携実績があり、2018年には「新留学生プログラム実施のための覚書」を締結し、JICAと連携した教育・国際貢献を行っています。

表敬訪問では、JICA北岡理事長から、JICAの海外支援の状況や海外派遣プログラム、各種コンテンツの紹介の後、本学からは留学生の受入状況や学生の海外派遣状況、既にJICAとの間で実績のある「ABEイニシアティブ長期研修員」の紹介等を行い、JICA開発大学院連携への参画、今後のグローバル人材育成や各種技術協力の在り方、そのための本学とJICAとの益々の連携強化について意見交換が行われました。

 

このページの先頭へ