本学教育学部国際交流委員会主催により、6月3日(金)に、クライストチャーチポリテクニック工科大学留学コーディネーターの林英樹さんによる講演会が、同大学担当のバテン先生の司会のもと、幸町キャンパス研究交流棟研究者交流スペースにおいて開催されました。当日は教職員、学生、県職員等、合計33名が参加しました。

今回の講習会は、さる2月に地震による災害の際、迅速な対応をされた同大学の経験をお聞きして、本学の今後に生かすべく開催されました。留学生オフィス内が激しく揺れ、スタッフたちが机の中に避難する光景など地震発生時のライブ映像もあり、当時の様子がよく分かりました。また、データのバックアップ体制の必要性、情報収集のためにあらゆるチャンネルを開くことなど、マニュアルにとらわれない柔軟な対応を聞けたことは、大変貴重でした。地震の講演終了後には、活発な質疑応答が行われるなど、危機管理意識の高さがうかがえるセミナーでありました。今後、事務組織も含んだ様々な交流の活性化が期待されています。

このページの先頭へ