香川県には、人口減少や高齢化が進む中で、定住促進、観光振興、商店街振興、離島振興、コミュニティ活性化など様々な地域課題があります。香川大学は自治体と連携し、学生の視点を活かしながら地域活性化策の検討と地域での実践活動を行うことで、地(知)の拠点としての香川大学を核とした地域連携事業を継続的に実施できるシステムの構築を目指します。ここに、情報提供の場としてシンポジウムを開催しますのでご案内します。

日時:2月27日(木)13:00~(受付開始12:30~)
場所:サンポート高松 高松シンボルタワータワー棟6階 かがわ国際会議場(香川県高松市サンポート2-1)
定員:150名
※参加費無料(情報交換会については、当日2,000円を徴収させていただきます。)
事前申込みが必要です。

内容
概要 香川県には、人口減少や高齢化が進む中で、定住促進、観光振興、商店街振興、離島振興、コミュニティ活性化など様々な地域課題があります。自治体と連携し、学生の視点を活かしながら地域活性化策の検討と地域での実践活動を行うことで、地(知)の拠点としての香川大学を核とした地域連携事業を継続的に実施できるシステムの構築を目指します。情報提供の場としてシンポジウムを開催しますので、ぜひ、ご来場ください。
司会 早川 茂(香川大学理事)
開会
(13:00~13:20)
長尾 省吾(香川大学学長)
文部科学省高等教育局
浜田 恵造(香川県知事)
大西 秀人(高松市市長)
事業紹介
(13:20~14:50)
板野 俊文(香川大学副学長)
「地域社会との連携について」
牛島 授公(香川大学地域マネジメント研究科教授)
「自治体連携と瀬戸内地域活性化プロジェクトについて」
原 直行(香川大学経済学部教授)
「地域の課題解決を志向した教育について」
徳田 雅明(香川大学医学部教授)
「地域貢献を前提とした研究について」 
羽白 淳(香川県政策部理事)
「香川県における地域活性の政策について」 
宮武 寬(高松市創造都市推進局局長)
「高松市創造都市推進ビジョンについて」
14:50~15:30 学生によるフィールドワーク・プロジェクト実践例の報告
15:30~15:45 休 憩
15:45~16:40 事業紹介者によるパネルディスカッション
閉会挨拶
(16:40~16:45)
藤井 宏史(香川大学理事)
情報交換会 ■時間:17:00~18:30
■場所:JRホテルクレメント高松20Fスカイレストラン「フィオーレ」スカイバンケット マーレ
■参加費2,000円が必要です
お申し込み方法 所属、職名、名前、電話番号、情報交換会への参加・不参加をご記入の上、メールまたはFAXでお申し込みください。


主催:香川大学
後援:香川県、高松市、丸亀市、三豊市、東かがわ市、観音寺市、三木町、宇多津町


pdfアイコンチラシ(PDF:981KB)

【お申し込み・お問い合わせ先】
香川大学 地域連携戦略室
TEL:087-832-1314/FAX:087-832-1319
e-mail:chiikisen1@cc.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ