11月25日(金)、タイにあるチェンマイ大学の教職員4名と学生9名が、異文化体験やセミナーの開催等のため、本学の板野インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

本学からは、板野インターナショナルオフィス長、高木教育学部教授、バテン教育学部准教授他が出席しました。板野インターナショナルオフィス長から歓迎の挨拶、高木教育学部教授、バテン教育学部准教授から主旨説明の後、チェンマイ大学の教職員と学生がそれぞれ自己紹介を行いました。

チェンマイ大学の学生9名は、教職員引率のもと、11月23日から本学教育学部において、「チェンマイ大学異文化交流プログラム」に参加しています。本プログラムでは、本学学生宅でホームステイをしながら、高松タイ文化研究会会員との懇談、授業への参加、市内デパートにおけるタイ文化紹介、附属学校訪問などを行います。

なお、本プログラムは、平成23年度日本学生支援機構留学生交流支援制度(ショートステイ・ショートビジット)SS&SVプログラム奨学金に採択となり、同機構からの支援を受けて実施しています。今年度、本プログラムを含め5件が採択されています。

このページの先頭へ