文部科学省等において、「地域イノベーション戦略推進地域」及び「地域イノベーション戦略支援プログラム」の募集があり、香川大学、香川県及び(公財)かがわ産業支援財団を含む県内15機関の連名による提案(提案額:約6,900万円/年)を行っていたところ、8月1日(月)文部科学省から選定及び採択結果が発表され、本件が採択されました。

提案地域名 「かがわ健康関連製品開発地域」
提案者 (公財)かがわ産業支援財団(総合調整機関)、(社)香川経済同友会、香川大学、徳島文理大学、香川高等専門学校、(独)産業技術総合研究所四国センター、(株)テクノネットワーク四国、香川県、高松市、三豊市、さぬき市、三木町、百十四銀行、香川銀行、高松信用金庫 ※順不同
事業期間 平成23年度~27年度(5年)

 

■「地域イノベーション戦略推進地域」  
地域イノベーションの創出に向けた地域の主体的かつ優れた構想に対して、文部科学省、経済産業省、農林水産省の3省の施策により、その実現を支援するための取組として、地域の強みや特性を活かしながら、大学等の研究機関の研究段階から事業化に至るまで、産学官等の参画機関が連携して持続的・発展的なイノベーションの創出に取組む地域を「国際競争力強化地域」又は「研究機能・産業集積高度化地域」に選定するものです。

香川大学等の連名による提案は、「研究機能・産業集積高度化地域」(選定15地域)に選定され、これまで地域で取り組んできた基盤技術を活用して、健康関連分野 での市場ニーズに応じた製品開発を行い、新たな産業創出を目指す「かがわ健康関連製品開発地域構想」に基づき、産学官金が一体となり連携して、医療や福祉 分野での付加価値が高い製品の研究開発、地域企業の技術者育成について取り組むことなどにより、医療機器や福祉機器などの健康関連分野でのイノベーションの創出を図ります。 

 

■「地域イノベーション戦略支援プログラム」  
上記の地域イノベーション戦略推進地域に選定された15地域のうち、文部科学省が地域イノベーション戦略の実現へ大きく貢献すると認められる地域に対して、戦略の中核を担う研究者の大学への集積や、戦略実現のための人材育成プログラムの開発・実施等について支援(人件費等の補助)するもので、13のプログラムが採択されました。

香川県地域が健康関連産業において、イノベーションを創出していくために、工学、医学分野での研究者の集積、地域企業の技術者の製品開発力向上を目的とした人材の育成、医療機器分野のコーディネータの配置、地域産学官共同研究拠点での機器等の共用化を実施する取組を通じて、医療機器や福祉機器等の健康関連 分野での競争力の強化を図ります。
ア)医学、工学分野での研究者の招聘(実施機関:香川大学)
イ)地域企業の技術者育成の実施に係る人件費(実施機関:香川大学)
ウ)地域イノベーション戦略の推進に係るプロジェクトディレクター、地域コーディネータの招聘
  (実施機関:(公財)かがわ産業支援財団)
エ)香川大学で整備された共同研究拠点での機器開放に係る技術支援スタッフの増員
  (実施機関:香川大学)


【参考】
文部科学省の関連記事
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/08/1309100.htm

【問い合わせ先】
永冨太一(Taichi Nagatomi)
香川大学 社会連携・知的財産センター
〒761-0396 香川県高松市林町2217-20
TEL:087-864-2550 FAX:087-864-2549

このページの先頭へ