平成23年7月25日(月)、国際交流基金による北京大学現代日本研究センター訪日研修で、当センターの日本研究を行う大学院博士課程の学生19名が、日本に関する知識・見聞を深め、日本研究のレベルアップを図るため、本学を訪問し、留学生を含む本学の学生38名と交流会を実施しました。

交流会に先立ち、北京大学の学生代表2名と引率者が本学学長を表敬訪問しました。表敬訪問では、北京大学学生代表が、香川大学はじめ日本に訪問できた経験を生かし、将来中国のために頑張っていきたい旨の自己紹介を行いました。

交流会では、両大学代表学生から各大学紹介が行われ、それぞれに対する理解や興味を深めました。

引き続き行われた夕食会では、本学ジャズ研究会による演奏や、北京大学学生による歌や伝統的な劇の披露もあり、約100名の学生や大学関係者が参加し、非常に盛大な会となりました。

このページの先頭へ