平成22年8月14日(土)に開催された、第45回さぬき高松まつり総おどりに、本学学生約100人、教職員約20人に加え、附属高松小学校の児童・先生・保護者約160人の総勢約280人が参加しました。この日の最高気温は平年より高い33.8度で、夜になっても蒸し暑さが残る中、参加した踊り子は、暑さを吹き飛ばすかのように乱舞し、沿道に詰め掛けた観衆の歓声と手拍子に後押しされ、日頃の練習の成果を存分に発揮しました。その結果、惜しくもグランプリは逃しましたが、優秀な連として『力強いで賞』を初受賞しました。演舞終了後は、心地良い疲労感とともに、"香川大学連"として最後まで踊りきった達成感に、しばし酔いしれました。

このページの先頭へ