12月4日(金)、平成27年度後期第5回目のアドバンストセミナーを開催しました。

このセミナーは、本学学生に「最先端の研究の現場、リアルタイムな社会問題の現場を舞台として活躍する方々の取り組みをもっと間近で触れてほしい、その原動力となる熱意を感じとって欲しい。」との思いから開講された正課外の講座で、今回の講師に、坂根弦太氏(岡山理科大学理学部准教授)を迎え、37名の学生、教職員が参加されました。

セミナーでは、元素周期表についての説明、外国での覚え方や名付け方、小さな原子・分子・電子の大きさについて日常目にする物質(地球等)との比較、原子・分子・電子の構成物質である原子についての説明、通電物質に関する実験、発光物質の実験等があり、聴講した学生からは、「化学は難かしくて取っつきにくいと思っていたが、化学を楽しくとらえることができた」、「実験をしていただいて、化学反応等を視覚的に体験でき有意義だった」、「元素をより身近に感じることができた」等アンケート結果も好評でした。

また、後期第6回目のセミナーを下記のとおり行います。当日参加もできますので、ぜひ受講くださるようお知らせいたします。(本セミナーは本学学生を主対象としていますが、教職員・学外の方も参加できます。)

開催日時 講師 テーマ
12月10日(木)
18:00~19:30
中野裕介
(有限会社電マーク代表取締役)
メディアアートとネットメディア

開催日時をクリックしますと詳細がご覧いただけます。

 

このページの先頭へ