インターナショナルオフィスは、11月29月(土)に本年度第2回目となる課外教育行事を行い、留学生51名、日本人学生等7名が参加しました。この行事は、留学生や日本人学生が、香川県の文化や歴史等への理解を深めるとともに、学生間の交流の場を提供することを目的としたものです。

当日は、午前中に善通寺参拝、午後、金丸座(現存する日本最古の芝居小屋)見学、金刀比羅宮参拝、満濃池及び国立まんのう公園見学を行いました。各見学先では、地元の方による説明があり、参加者は熱心に耳を傾けていました。

金刀比羅宮への参道をはじめ各所で、美しい紅葉を見ることもでき、留学生は秋景色に感動していました。

このページの先頭へ