6月5日(水)、国際研究支援センター研究会シリーズ平成26年度第1回研究会「讃岐からの発信-持続的発展に寄与する水文化・環境構築を目指す国際共同研究」を幸町キャンパス研究交流棟5階研究者交流スペースで開催し、本学教職員及び学生等計31名が参加しました。
研究会は、板野インターナショナルオフィス長の司会により行われ、教育学部・寺尾教授、工学部・石塚准教授、地域マジメント研究科・高木准教授、教育学部・村山教授の講演がありました。
この研究会は、平成25年度に採択された香川大学の国際的な学術・交流の重点分野・テーマに関するもので、「地球ディベロプメントサイエンス国際コンソーシアム」や、新たな水文化・環境構築をめざすジオコミュニケーション学プロジェクトを基礎に展開しています。
今後は、インド工科大学等の国際研究機関との共同研究、エッカード大学との豊島を舞台とした国際環境教育プログラムや、南ボヘミア大学への学生派遣事業など、さらなる展開を目指しています。

このページの先頭へ