12月16日(水)、令和2年度ヘルストピックス講演会をオンラインで開催しました。
保健管理センターでは、学生・教職員を対象に心身の健康に関する意識向上を図り健康増進に寄与するため、毎年1回講演会を開催しています。
今回のヘルストピックス講演会は、「コロナ時代の息抜きと生抜き」と題して、東京工業大学 特任講師 高田 純 氏に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下など強いストレスにさらされた時の対処法、ストレス解消法などについて、講演いただきました。
当日は、学生・教職員35名が参加し、ストレスの基礎知識や、ストレスとの付き合い方について学ぶことができた有意義な講演会となりました。

このページの先頭へ