令和2年11月16日(月)、四国税理士会館にて「租税教育を担う教員養成助成金の目録贈呈式」が執り行われました。この贈呈式には、筧学長、野﨑教育学部長、鈴木教授が出席し、清田明弘四国税理士会会長より目録を拝受しました。
日本税理士会連合会では、将来の租税教育を担う教員の養成を目的として、教員養成系大学・学部において寄附講座を開設しており、香川大学教育学部においては、令和3年度から令和5年度までの3年間、寄附講座が開設されます。
正規授業科目の中で、税理士など税に関する専門家に講師として参加していただき、学校現場で必要とされる知識・情報を学生たちに分かりやすく講義していただきます。本寄附講座の開設は、小学校・中学校・高等学校の教員をめざす学生たちが、税の役割やしくみなどに関する知識を身につける貴重な機会となります。

 

このページの先頭へ