令和2年7月18日(土)に、香川大学と東京圏の大学生対流促進事業の一環として、「うまげなかがわ感じてみまい!シンポジウム」を開催しました。オンラインによる1day短期プログラムとして、本事業実施校の香川大学、芝浦工業大学、津田塾大学、東京農業大学の全学生を対象に、地域おこしに取り組む方々からの講演、本事業の紹介、本事業や香川の魅力についてのパネルディスカッションの3部構成で実施しました。

「うまげなかがわでなんがでっきょんな?」のテーマのもと、現在進行形で地域をけん引する元男木島地域おこし協力隊の石部 香織 氏、瀬戸内サニー(株)代表取締役社長兼You Tuberの大崎 龍史 氏による若い世代の講演や、これまでに本事業に参加した学生が語る実体験を交えた事業紹介・パネルディスカッションは大変興味深く、約100名の学生が聴講しました。チャット機能を用いて質問や感想が寄せられ、また「88888」というオンラインならではの拍手で大いに盛り上がりました。

事後アンケートではプログラムの詳細がもっと知りたいとの声も聞かれ、最も多く参加した1年生の学生たちにとって興味を広げる機会となった様子でした。今回のオンラインシンポジウムという初の取り組みによって、本事業への関心の高さを実感するとともに、本事業が持つ今後の可能性に期待が高まりました。

※寄せられた質問等については、本事業のウェブサイトで回答していきます。(https://www.cpp.ao.kagawa-u.ac.jp

 

このページの先頭へ