5月11日(月)に,高松市社会福祉協議会から,新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイト等の仕事がなくなり,生活が困窮している学生に対して,支援の一環として,アルファ米,クラッカー,缶詰,カップスープ,カップうどん(各400名相当分)をご寄附いただきました。
当日は,本学第3会議室において,同協議会から,本学への贈呈式が行なわれ,山神副学長からは,本学への支援について謝辞があり,直ちに学生へ配布する旨説明がありました。
なお,ご寄附いただいた食糧品は,学生寮や各キャンパスにおいて順次配布する予定です。

このページの先頭へ