香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構は、12月5日(木)、サンポートホール高松4階 第1小ホールにおいて、創立70周年記念事業 2019年度香川大学危機管理シンポジウムを開催しました。シンポジウムには約190名が参加し、四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構の活動状況報告、兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科 准教授 阪本真由美 氏による「女性の視点を活かした災害に強い地域づくり」と題した基調講演、「一人ひとりの命と生活を守るために」をテーマにしたパネルディスカッションが行われました。

詳しい報告書はpdf_listmark.jpgこちら

このページの先頭へ