11月6日(水)香川大学幸町キャンパスにおいて、「ガイドヘルプ講習会」を開催しました。これは、学生及び教職員のバリアフリーに関する意識向上と障害者支援に関する知識・スキル向上を目的として開催したものです。
 香川県立盲学校の堀 雅之先生、吉田 満先生、佐々木 光毅先生、南 茂樹先生、土橋 康樹先生を講師としてお招きし、視覚障害への理解についての講義及び手引き歩行のペアワーク等の実技実習を行い、具体的に分かりやすくご指導いただきました。
 参加者記入のアンケートからは「講義だけでなく、実習があることで、わかりやすかった」「直前の声掛けの必要性など、視覚障害者とのかかわり方を体験できた」、「今後、視覚障害者に対して支援を申し出ることができると思う」などの声が寄せられ、とても有意義な講習会となりました。

このページの先頭へ