7月26日(金)、多目的ホールオリーブスクエア(幸町キャンパス)において、7月19日から夏会期が開催されている瀬戸内国際芸術祭2019のボランティア説明会を開催しました。

学生の夏休み休業も8月6日から始まることから、ボランティアに関する問い合わせが多く、詳細を知りたいとの要望が多く寄せられたことから、今回、瀬戸内こえびネットワークの髙橋暢茂氏に来て頂き、お昼休みの12時~13時の間に開催したものです。当日は、他キャンパスからの参加もあり、全学部から45名の参加がありました。

髙橋氏からは、アート作品の紹介、ボランティアの活動場所、活動内容、1日の流れ等の詳細な説明がありました。中には過去にボランティアを経験した学生もおり、説明会終了後、すぐにボランティア登録する学生もいました。一人でも多くの学生が参加し、ボランティア活動を通じて、地元の人や海外からの来場者と交流を深め、視野を広げると共に学生自身の成長につながることを願っています。

このページの先頭へ