7月3日(水)、幸町キャンパスにおいて、「初心者向け手話講習会」を開催しました。これは、学生及び教職員のバリアフリーに関する意識向上と障害者支援に関する知識・スキル向上を目的として開催したものです。

手話の講習会は3年前から毎年1回開催し、今年で3度目の開催となりました。講師として香川県聴覚障害者福祉センター 主任 藤井 真作憲 氏をお招きし、基本的な手話のしくみや日常会話等に加えて、手話の文法等についても解説いただき、初心者だけでなく、継続して受講した方にとっても有意義で充実した講習会になりました。

参加者からは、「手話を身近に感じられた」「いままで経験したことのないコミュニケーションの方法に触れることができてよかった」「手話への関心が深まった」等の感想とともに、継続しての開催を望む声が多く寄せられました。

このページの先頭へ