地域経済における消費者政策とそれに貢献するサステナブル経営に関する研究と普及を目的として、香川大学、信州大学、長岡科学技術大学、広島大学の4大学がサステナブル経営研究推進機構を立ち上げ、2019年6月24日東京・霞が関にて協定締結式が行われました。締結式では4大学の学長、副学長が協定書を交わし、香川大学からは片岡郁雄理事・副学長が参加しました。香川大学の取組みは大学院地域マネジメント研究科が中心となり、持続可能な地域活性化や食と健康などを主たるテーマに農学部や医学部などとも連携して進めていくことになります。

このページの先頭へ