6月6日(木)コロラド州立大学(アメリカ)で日本語を学習している学生8名及び教員2名が、本学の德田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

 本学とコロラド州立大学は大学間協定を締結しており、本学の教育学部を中心に、活発な交流が行われています。今回学生は約6週間の「香川大学及びコロラド州立大学によるアジア・アメリカ異文化交流プログラム」に参加しています。学生の交流は2007年に始まり、現在まで87名の学生が本学を訪れました。

 表敬訪問のなかで、学生は流暢な日本語で、専攻や将来の夢について自己紹介を行ってくれました。

 プログラムの今後の継続とさらなる交流の発展が期待されます。

このページの先頭へ