5月17日、「令和元年度中国・四国地区国立大学学生関係副学長・部課長会議」が香川大学幸町キャンパスを会場に開催されました。中国・四国地区国立大学学生関係副学長・部課長会議は、各大学における学生関係の共通問題に関して意見交換することを目的として毎年開催されており、今年度は香川大学が当番校となりました。

会議には、中国・四国地区国立大学の学生関係副学長、部課長ら37名が出席し、筧学長の開会挨拶に続いて、文部科学省高等教育局学生・留学生課課長補佐 成相圭二氏による「学生支援を巡る状況について」と題した所管事項説明が行われ、その後、「退学者及び除籍者の再入学」、「高等教育無償化制度における個人要件(学習意欲)の判断基準」について活発に意見交換が行われ、盛況のうちに閉会しました。

このページの先頭へ