2月22日(金)カンボジア王国教育青年スポーツ省学校保健局副局長So Chhavyroth(ソ・チャビロス)氏、カンボジア王国保健省予防医学局副局長Hak Sithan(ハク・シサン)氏が本学の德田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。 

本学は、2018年度文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」応援プロジェクト(プロジェクト名:カンボジアにおける学校保健室を基盤とした日本型保健教員養成モデルの開発事業)に採択されており、お二人は、その事業の一環として実施している来日研修に参加されています。 

德田インターナショナルオフィス長より歓迎の挨拶があり、香川大学のキャンパスやそれぞれの学部について紹介が行われました。表敬訪問に続いて、お二人は保健管理センターの見学、食堂の体験をされました。 

今回の訪問を機に、本学とカンボジアとの今後のますますの交流の発展が期待されます。

このページの先頭へ