下記のとおり、標題の事案が発生しましたので、お知らせします。

1.情報流出の経緯
本学医学部附属病院の病棟勤務の看護師が、平成31年1月2日の日勤終了後、業務で使用する患者情報(最大39人分)を記入した用紙(患者氏名、年齢、病名等)をバッグに入れて車で持ち帰った。そのバックを車の中に放置したところ、1月3日16時以降、1月4日7時出勤時までの間に何者かによって車の窓ガラスが割られ、バッグが盗難に遭った。

2.通報と事案の把握
1月4日7時、当該看護師が高松東警察署に連絡、事情聴取を受けた後、附属病院の上司に報告があった。

3.現在までの対応
対象となった患者に対しては、取り急ぎ事実関係の連絡及び謝罪は対応済みである。今後、改めて本事案の警察の調査結果等を踏まえて、経緯・顛末等を報告する予定である。

4.再発防止策
病院職員及び全教職員に対して、個人情報が含まれた書類等についての学外持出厳禁を周知徹底するとともに、現在実施している個人情報保護に関する研修・管理体制についても見直しを行い、再発防止に努める。

今回、患者情報漏洩の対象となった関係者の皆様には、多大な御迷惑と御心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本学としましては、今回のような事案を起こしたことを重く受け止め、個人情報保護の一層の徹底を図り、信頼回復に努めるとともに、二度とこのような事態を招くことがないように、職員一同、より一層努力してまいる所存であります。

理事・副学長(総務・労務担当)ma4.png鍋 光輝
 医学部附属病院長 横見瀬裕保 

このページの先頭へ