12月11日(火)、市内ホテルにおいて、香川大学長主催による外国人留学生交歓会が開催され、本学の外国人留学生等、約250人が参加しました。

この行事は、本学の学長主催により、本学の外国人留学生を励ますだけでなく、留学生相互及び教職員、チューター、地域の方々等関係者との親睦を深めることを目的として、毎年、開催しているものです。

当日は、留学生センター留学生のCHILAMBA, MOYENDA, MOSES(チランバ モイェンダ モーゼス)さん、経済学部特別聴講学生の王 孟萍 (オウ モウヘイ)さんの司会進行のもと、筧学長による激励の挨拶、留学生代表農学研究科のFERMIN JIMENEZ JOSE ANTONIO(フェルミン ヒメネス ホセ アントニオ)さんによる挨拶、そして、徳田副学長による乾杯により、交歓会が開始されました。

その後の歓談に続いて、留学生によるパフォーマンスも披露され、バングラデシュ、ベトナム、タイ、インドネシアの4組のチームが熱演し、会場は大いに盛り上がりました。

香川大学の留学生は年々増加傾向にある中、このような行事をきっかけに留学生達の交流の輪が広がり、日本での留学生活がより充実したものになることを願っています。

このページの先頭へ