12月14日(金)ブルネイ・ダルサラーム大学のAnni Mohamad Tuah Nik講師、Dk Ratna Suriani Pg Osman講師が、本学の德田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

  本学とブルネイ・ダルサラーム大学とは、2006年に医学部間で部局間協定(現在は大学間協定を締結)を締結して以来、活発に教育・研究の交流を行っています。現在もブルネイ・ダルサラーム大学の学生2名が本学のさぬきプログラムに参加しています。

  德田インターナショナルオフィス長より歓迎の挨拶があり、本学の学生にとって、ブルネイ・ダルサラーム大学で勉強すること、ムスリムの文化について学べることは大変有意義であるとのメッセージが贈られました。

  今回お二人の先生方は、食育と特別支援教育に関する共同研究のために来学され、本学教育学部教員との意見交換や特別支援学校等の視察を行います。今回の訪問を機に、本学とブルネイ・ダルサラーム大学との今後のますますの交流の発展が期待されます。

このページの先頭へ