香川大学では、11月1日(木)に実施された、香川県シェイクアウト(県民いっせい地震防災行動訓練)に参加し、南海トラフを震源とする大規模な地震が発生した防災訓練を実施しました。
 当日は、それぞれの部署において、ラジオ放送や地震防災訓練アプリからの訓練開始合図等に従い、1分間「まず低く」「頭を守り」「動かない」の身を守る3つの安全行動を行い、地震の発生時に必要な行動を再確認しました。
 時間のかからない簡単な訓練ではありますが、防災意識の向上・災害リスクマネジメントの向上に、大いに有意義な訓練となりました。

 

このページの先頭へ