平成30年9月6日(木)にOLIVE SQUARE多目的ホールにおいて「平成30年度香川大学自殺防止FD・SD研修会」を実施しました。この研修会は、大学生の自殺問題について、教職員がどのような点に留意し向き合っていけばよいか、大学全体として考えることを目的として開催されました。

 研修会では、広島修道大学健康科学部 内野悌司教授による「大学における自殺対策の取り組み」、本学保健管理センター 高田純講師による「心理相談の現状と課題」というテーマでそれぞれ講演していただきました。医学部・創造工学部・農学部キャンパスへは遠隔配信を行い、90名の教職員が参加しました。

このページの先頭へ