8月20日(月)、研究戦略室(室長:片岡理事・副学長)は、本学教職員交流ラウンジにおいて、香川県産業技術センター(佃所長、末澤次長)及び産業技術総合研究所四国センター(田尾所長)との研究連携に係る懇談会を実施しました。本懇談会は、教育研究の活性化に資する意見を学外者から聴取し、大学運営に活用することを目的として実施しています。
 
 懇談会では、片岡研究戦略室長の挨拶の後、両センターから研究概要の紹介がありました。引き続き、本学の研究連携の状況を説明し、その後、今後の研究連携に係る意見交換を行いました。
 意見交換では、各部局で想定される研究連携、研究連携の具体的な形態と手順、香川大学への要望・意見等が話し合われました。その中で、外部有識者からは、理系だけでなく、人文社会系への連携の要望や今後の連携強化のため、協議会設置等の要望がありました。
 両センターとの更なる連携強化のため、今後も懇談会や施設見学会等を継続的に実施し、若手研究者の育成等、研究連携を深めていくこととなりました。

このページの先頭へ