平成30 年6 月24 日(日)、高松市サンポートのかがわ国際会議場において、創造工学部の設置記念式典と入試特別説明会を開催しました。
 
 設置記念式典は午前10 時30 分より、県内外の政産学官関係者を中心に190 名程度のご列席を賜り挙行されました。筧善行学長挨拶のあと、来賓を代表して林芳正文部科学大臣、浜田恵造香川県知事、千葉昭四国経済連合会会長より、それぞれのお立場からの期待と激励を込めたご祝辞をいただきました。
 
 長谷川修一創造工学部長から学部の説明と祝電披露が行われた後、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の奥出直人教授から「創造力をビジネスに デザイン思考と事業戦略」と題して基調講演が行われました。デザイン思考による農業用ロボットの産学連携開発の実例を示してデザイン思考の有効性をわかりやすく伝えていただけました。
 
 日曜の貴重な時間にご臨席いただいた多数の皆様には心より感謝申し上げます。
 
 午後は14 時から高校生・保護者を主な対象に入試特別説明会を実施しました。高校生約160 名と保護者の皆様のご参加がありました。
 
 学部説明の後、香川大学大学院工学研究科の先輩である、三宅徹氏(株式会社未来機械代表取締役社長)から受験生に講演が行われました。太陽光パネルの清掃ロボットを開発して中東・インドなどでビジネスを行っている同社の技術開発の話題に三宅さん自身の学生時代の体験を交えながら、デザイン思考とリスクマネジメントの重要性を受験生にわかりやすく伝えていただきました。
 
 7つのコースについての説明と入試の説明が行われた後、コース別の相談会が行われました。各コースのテーブルでは多くの高校生が相談の列に並び、活発な質疑応答が17 時まで行われました。
 
 ●創造工学部林町キャンパス視察の様子はこちらからご覧いただけます。
 

このページの先頭へ