2月27日(火)高松市役所において、香川大学は、高松市・NEC・STNet・香川大学・香川高専によるスマートシティ実証環境の構築・活用に向けた基本合意書を締結しました。

 本合意書は、産学民官の連携を通じ、共通プラットフォームを活用し、官民データの収集・分析による地域課題の解決を目的とする「スマートシティたかまつ推進協議会」に香川大学も協力機関として参画した事をきっかけに、産学民官の多様なデータを分析するだけではなく、そのデータを活用できる人材育成に必要な事項を協議する事を目的に締結いたしました。

このページの先頭へ