社会連携・知的財産センターは、平成20年8月21日(木)に中国銀行岡山駅前支店で「香川大学研究シーズ発表会」を開催しました。

この研究シーズ発表会は、本学が単独で開催するものとしては初めてのものであり、来場者の確保等、不安な点も多々ありましたが、関係者の皆様の多大なご協力で無事終了することができました。

当日は、医学、工学、農学関係のシーズ、大学発ベンチャー、本学の産学官連携活動の紹介等、約40件のパネル展示を行い、また本センターのコーディネータが来場者の質問等にその場で応じました。

また、午後からは、三原教授(工学部)「MEMS関連技術について」、小川教授(工学部)

「撥水、溌油、防汚処理技術について」、石丸教授(工学部)「人に優しい光を用いた診断、計測技術」、合谷教授(農学部)「食品分野における界面科学的乳化法について」、田村教授(農学部)「ポリフェノール超分子複合体と機能性食品」の研究シーズの発表並びに、本センターコーディネータの倉増教授による「香川大学の産学官連携活動の紹介」の発表も行われました。

本センターでは、これを機に継続的にこのような発表の場を設け、広く「香川大学」をPRしていきたいと考えています。

 

このページの先頭へ