香川大学大学院地域マネジメント研究科は、地域の活性化・自立に資する教育研究を特徴とし、その中核人材を趣旨として開設し、4年目に入りました。当研究科の特徴ある授業科目として、四国内外の経済界・行政等の責任ある立場の方々に 講義いただく3種類の「四国経済事情」がありますが、のうちの「四国活性化と地域政策」の第10回目として、平成18年7月で四国財務局長であられた、本田悦朗外務省欧州審議官による講義が実施されることになりました。「EU統合から四国の今後を考えてみましょう」と又とないテーマでお話いただきますので、是非地域の皆さまにもご聴講いただきたく、下記のとおり公開講義のご案内を申し上げます。多くの方のご参加をお待ちしてお ります。

1.日 時  平 成19年7月7日(土)13:00~14:30

2.場 所  香 川大学幸町北キャンパス(教育学部)

研究交流棟5階 研究者交流スペース

3.内 容   テーマ 「四国はEU統合から何を学ぶか」

講  師 本田悦朗外務省欧州局審議官(元四国財務局長)

 

 なお、準備の都合がありますので、7月6日(金)までに地域マネジメント

研究科事務 白井 あてに 電話&FAX 087-832-1955 または Eメール shirai@gsm.kagawa-u.ac.jp でお申し込み下さるようお願い致します。

このページの先頭へ