平成19年度の香川大学・香川県連絡協議会が11月15日(木)に研究交流棟の研究者交流スペースにおいて開催されました。

協議会では香川県及び大学の双方から、19年度に既に実施された連携事業の報告や今後に計画されている事業についての協力依頼がありました。

また、香川県からは、学部や大学間の連携、瀬戸内圏研究のデータベース化を含めて瀬戸内圏の総合的研究拠点の設立が求められ、活発な意見が交換されました。

このページの先頭へ