10月13日(金)に医師、看護師、事務職員等約200人が参加して、医学部の平成18年度消防訓練を実施しました。
訓練は、火災予防体制の強化、防火に対する意識の高揚を図ることを目的として、第1部では、早朝の5時に病棟5階デイルームからの火災発生を想定した通報連絡、避難誘導訓練を、第2部では屋内消火栓による放水訓練、水消火器による初期消火訓練、梯子車による救助体験、救助袋による避難訓練を行いました。当日は天候にも恵まれ、高松市三木消防署の協力のもとに、予定どおりの訓練を実施し、所期の目的が達成されました。

このページの先頭へ