医学部では,講座及び診療科充実のため心臓血管外科学及び消化器外科学講座の2講座の新設に伴い、平成18年7月18日(火)記者会見を行いました。
記者会見には、田港医学部長、河野副病院長、波多江広報情報室長、心臓血管外科学講座堀井泰浩教授、消化器外科学講座鈴木康之教授が出席しました。
田港医学部長の挨拶の後、堀井教授、鈴木教授が自己紹介を行い、新設講座の積極的な概要説明を行いました。
心臓血管外科では、今まで香川県で高度心臓外科手術等を行う医療機関がなく、他県での医療に依存しなければならない状態が続いていました。 今回の講座の新設により、この状態が改善されることと思います。
また、消化器外科では、高度な技術を要する肝臓、胆嚢、膵臓手術等の高度医療を担当することが可能になりました。報道各社からは、熱心な質疑応答があり、新設講座に寄せる期待・関心の高さを伺うことができました。
今回の講座等の開設により、今後益々の香川大学医学部の地域医療、地域貢献等に寄与することが期待されます。

記者会見の様子

記者会見(左側より、波多江広報情報室長、堀井教授、田港医学部長、鈴木教授、河野副病院長)

このページの先頭へ