香川大学は、中国銀行との間で、地域におけるお互いの情報及びノウハウを結びつけることを通じて相互の連携 を強化し、もって相互の発展並びに地域の発展に貢献することを目的とする協定を締結しました。
7月7日(金)に本学研究交流棟で一井学長、永島中国銀行頭取らが出席して協定書の調印式が行われました。香川大学と民間企業との協定締結は今回で4件目となります。
この協定の調印により、企業側ニーズと大学のシーズとのマッチングによる共同研究等の推進、インターンシップ等による人材育成、大学発ベンチャー企業の育成等が今後、益々図られることとなります。

調印式の様子

このページの先頭へ