10月11日(日)、香川大学幸町北キャンパスで「未来からの留学生2015 教育学部フェスティバル in 香大」を開催しました。

このフェスティバルは、毎年秋の休日にキャンパスを開放し、未来ある幼児・児童・生徒を「未来からの留学生」として大学に招き、大学という「学び」の場において、学習や研究活動を体験してもらう行事であり、いろいろな体験を通じて大学の良さを知ってもらうための体験入学企画として、地域貢献、学生への学びの場の提供、教育学部教員による子どもの学び支援などを行うことを目的に、平成14年度から実施しています。

本年度は、モノを作ったり、体を動かしたり、講義や実験を体験する事前申込型が17講座と事前申込がなくても参加できる自由参加型が14講座の計31講座を開設しました。

いろいろある講座の中でも、「体験しよう★さかさワールド!」、「夢化学21 in kagawa」、「マジック、ジャグリング・バルーンアート体験」、参加者が各自で物を作る「自分だけのフォトフレームを作ろう!」、「世界に一つだけのエコ雑貨を作ろう!」、音読の楽しさを体験する「みんなで楽しく音読」、シャボン玉「ハッピー♪しゃぼん玉ランド☆」、教育学部学生による楽しいお話を見て聞いて、一緒に遊ぶ「おはなしの国 2015」などが人気を博していました。これらの講座の他には、高校生対象の教育学部入試相談会を実施しました。

当日は、1,000人を超える参加者で大盛況となりました。

このページの先頭へ