平成27(2015)年8月28日に大学設置・学校法人審議会から、本学大学院教育学研究科への高度教職実践専攻(教職大学院)の設置を可とする結果が出され、平成28(2016)年4月から開設されることとなりました。

■高度教職実践専攻(教職大学院) 定員 14名
学校力開発コース・・・学校組織を支えるミドルリーダーおよびスクールリーダーを養成する。
           現職教員対象。
授業力開発コース・・・確かな実践的指導力のある教員を養成する。現職教員及び学部卒学生対象。
特別支援教育コーディネーターコース・・・特別支援教育に関わる校内体制の要となる教員を養成する。
                   現職教員対象。

■修了要件
共通科目(20単位)、コース科目(16単位)、実習科目(10単位)の計46単位。

■カリキュラムの特色
共通科目およびコース科目では、「生徒指導と道徳教育に関する指導力育成」「特別な教育的支援を必要とする通常学級在籍児童生徒に対する指導力育成」に力点が置かれています。これらの科目で学修した教育理論を附属学校および連携協力校(公立学校)での実習をとおして具体化することで「理論と実践の融合」を目指します。

■学位
教職修士(専門職)

■教員組織
専任教員 15名(研究者教員 7名、実務家教員 8名) 兼任教員 11名

■特色ある制度
短期履修学生制度・・・教職経験5年以上の現職教員を対象とする。教育委員会からの推薦により、
          同制度の対象学生として認定されれば、所定のプログラムとあわせて
          1年で修了することができます。
この他にも、長期履修学生制度、小学校教員免許取得コースも用意しています。

■学生募集等
募集要項を9月下旬に公表します
また、教職大学院説明会を10月3日(土)午後、4日(日)午後に香川大学において開催予定です。

詳しくは教育学部ホームページをご覧下さい。

このページの先頭へ