12月17日(水)に、大学本部3階第一会議室と医学部・工学部・農学部で遠隔会議システムを用いて『平成26年度学生支援プロジェクト事業中間報告会』を開催しました。
この学生支援プロジェクトは、平成18年度から実施しており、学生の自主性、積極性、創造性を高め、学生生活の活性・充実に資するとともに、大学教育の改革・改善・活性化を図ることを目的に、魅力的・独創的なプロジェクト事業に対し、学生支援プロジェクト経費(学長戦略経費等)を配分するものです。
平成26年度は、23件の応募のうち13件が採択されています。
当日は、各プロジェクトチームから約40名の学生が参加し、長尾学長からの開会挨拶の後、現時点でのプロジェクトの進捗状況・成果や苦心談、実施する中で学んだこと、また、今後の改善点や抱負などについて、PowerPointを用いたプレゼンテーションを行いました。それぞれの発表後には、教職員から各チームへの質疑応答や助言が行われました。
今後、各チームから提出された最終報告書をまとめ、3月末に公表する予定です。

このページの先頭へ